厚生労働省|障害者芸術文化活動普及支援事業

▼本文へ

厚生労働省障害者芸術文化活動普及支援事業

取組事例

舞台芸術イベント「トットARTSフェス2020あなたが楽しいと私もうれしい(No happiness without you!)」

2019年度│東京都

[実施] アーツサポ東京

[芸術文化分野] 演劇

[取組場所] 文化施設

取り組みのねらい

子どもから大人まで、障がいのある人もない人もお楽しみいただける参加型フェスティバル。舞台芸術の発表と鑑賞の機会の創出を目的としています。

実施内容

「リズムと即興」の様子

「リズムと即興」の様子

日程2020年1月11日(土)・12日(日)
会場トット文化館

イタリアの演劇集団による来日公演「精神障害者の声を聞こう~演劇との出会いと回復へのストーリー~」(日本からも参加者が出演)、一般社団法人地唄舞普及協会による「みんなで地唄舞盆踊り」、日本ろう者劇団顧問の井崎哲也氏による「身体表現ワークショップ」、上智大学手話サークルてのひら&西品川六町会による「手話で歌おう」、実行委員会による「聞こえる人と聞こえない人の音楽 リズムと即興」といった内容で開催しました。また、車いすヒーロー神威龍牙率いるWORLD HEROたちによる「コンサート&アクションショー!!」も開催し、正義と悪の両サイドに手話通訳とプロジェクターによる字幕も導入したほか、在宅の寝たきり青年が分身ロボットに会話を託して登場するなど、熱き戦いが繰り広げられました。

「みんなで地唄舞盆踊り」の様子

「みんなで地唄舞盆踊り」の様子

車いすヒーロー神威龍牙によるアクションショー

車いすヒーロー神威龍牙によるアクションショー

成果

開催前に「身体表現ワークショップ」「聞こえる人と聞こえない人の音楽ワークショップ」といった障がいのある人と支援者が一緒に表現する楽しさを学ぶワークショップを7回実施。その成果を発表してもらう機会にもしました。今年度から公募による実行委員会方式で企画を考えたことで、これまで以上に特徴ある舞台のプログラムを実施することができました。たとえば、「聞こえる人と聞こえない人の音楽 リズムと即興」では、自身でつくった楽器を用い、身体で音や振動を感じ取って、既成の曲にとらわれず、自分の感じるままに奏でました。音やリズムを体感し共鳴する様子は、競演や表現の可能性を見せてくれました。

関連する取組を見る

発表人材育成

ページのトップへ戻るページトップへ戻る