厚生労働省|障害者芸術文化活動普及支援事業

▼本文へ

厚生労働省障害者芸術文化活動普及支援事業

取組事例

絵画展「オンゲラキックオフ展」&舞台公演「ミラクル・パフォーマンス・デビュー!」

2019年度│千葉県

[実施] 千葉県障害者芸術文化活動支援センターHONGERA(オンゲラ)

[芸術文化分野] 美術

[取組場所] 文化施設

取り組みのねらい

発表などの機会の創出にするとともに、協働ネットワーク構築のための最初の実践事例にしたいという部分を重視しました。当センターの呼びかけに多くの関係者が応じてくれて、実現できました。出発にふさわしい「出会い」から「つながり」へ、期待に満ちた「何かを始めよう!」という熱意へ。「協働して実践的な成功事例をつくろう!」というエネルギーの結集をめざしました。

実施内容

絵画展の様子

絵画展の様子

日程市川会場:2020年1月31日(金)~2月2日(日)
千葉会場:2020年2月28日(金)・29日(土)
※千葉会場については、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止
会場市川会場:市川市文化会館 小ホール
千葉会場:千葉県文化会館 大ホール

2020(令和2)年2月に、「いちかわ市民文化ネットワーク」主催「チャレンジド・ミュージカル公演」と同時開催で、市川市文化会館ロビーにおいて「オンゲラキックオフ展」を開催(7団体の25作品展示)。同展には3日間で900人もの来場者がありました。また、2020年1月に開催した「アートワークショップ」(障害の有無にかかわらず、幅広く参加者を募集)にて、参加者50人でつくった巨大な作品も展示しました。この作品は、ワークショップ当日に、会場いっぱいに広げたロール紙にみんなで群がって熱っぽくつくり上げたものでした。

ミュージカル出演者も出展

ミュージカル出演者も出展

展示した巨大作品をつくった2020年1月開催「アートワークショップ」

展示した巨大作品をつくった2020年1月開催「アートワークショップ」

成果

支援センター開設のオープニングイベントとして大好評を得て、美術分野での協働事業の展望を切り拓くことができました。この企画には続きがあり、千葉県でのモデルとなる事業をつくるための実験的試みとして、2020年2月末日には千葉県文化会館で「美術と舞台芸術の合同フェスティバル」を開催する予定でした。絵画展「オンゲラキックオフ千葉展」&舞台公演「ミラクル・パフォーマンス・デビュー!」(4団体の出演)という企画内容でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止を余儀なくされたことは残念です。来年度、再出発します。

関連する取組を見る

発表

ページのトップへ戻るページトップへ戻る