厚生労働省|障害者芸術文化活動普及支援事業

▼本文へ

厚生労働省障害者芸術文化活動普及支援事業

取組事例

かごしまアールブリュットセンター開設記念 あなたの色、わたしの心展

2017年度│鹿児島県

[実施] かごしまアールブリュットセンター

[芸術文化分野] 美術

[取組場所] 福祉施設

取り組みのねらい

「かごしまアールブリュットセンター」が開設したことの周知と、障害者の芸術作品を広く一般の人たちに観ていただくことを大きな目的とし、研修やギャラリートークにより、障害者芸術の現状や動向に興味を持ってもらうことをねらいとしました。

実施内容

チラシ表面

チラシ表面

日程2018年1月21日(日)~30日(火)
会場地域生活支援拠点「ゆうかり」

出展作家(敬称略)は上山滉平(鹿児島大学附属特別支援学校)、内村允哉(鹿児島大学附属特別支援学校)、冨山健二(社会福祉法人富士福祉会)、西之原清香(社会福祉法人富士福祉会)、川畑豪大(社会福祉法人落穂会)、清隆浩(社会福祉法人落穂会)、西園優子(社会福祉法人ゆうかり)、山平浩介(社会福祉法人ゆうかり)、神渡一郎(社会福祉法人ゆうかり)、鶴田幹夫(社会福祉法人ゆうかり)の11人。オープニングトークとして弁護士の上山幸正氏による「障害のある方々の創作活動にまつわる権利を守る」、社会福祉法人愛成会副理事長の小林瑞恵氏による「『2017ジャパン×ナントプロジェクト』『KOMOREBI展』について」の2講演会を開催したほか、アートディレクターの井上多枝子氏をお招きしてギャラリートークも開催しました。

会場およびギャラリートークの様子

会場およびギャラリートークの様子

成果

来場者数はのべ300人。なかには、鑑賞された翌日に知人を連れてきてくださる方もいました。アンケートもおおむね好評で、「いろいろな作品を観てみたい」「もっといろんな人に観てもらいたい」といったご意見をいただきました。また作品の選出や設営、説明・案内パネルの制作などについて、ギャラリートークを行った井上氏に全面的に協力していただき、展示の技術なども学ぶことができました。

関連する取組を見る

発表人材育成

ページのトップへ戻るページトップへ戻る