厚生労働省|障害者芸術文化活動普及支援事業

▼本文へ

厚生労働省障害者芸術文化活動普及支援事業

取組事例

Vivimosノーマライゼーションコンサートツアー ~生命~

2017年度│福岡県

[実施] 福岡県障がい者文化芸術活動支援センター SCORE

[芸術文化分野] 音楽, 舞踊, 演芸(芸能)

[取組場所] 文化施設

取り組みのねらい

知的、精神、身体に障害のある方々とその支援者によるロックバンド「Vivimos」のコンサートを通して、会場に訪れた地域住民とバンドの演奏を楽しみながら、「障害とは」「人とは」「共に生きるまちづくりとは」を考えるきっかけを提供しつつ、障害者の舞台芸術を普及するための活動を展開しました。

実施内容

毎回のツアー実績広報誌

毎回のツアー実績広報誌

日程2017年9月23日(土)、12月2日(土)、2018年3月3日(土) ほか
会場城島総合文化センターイベントホール、大川市文化センター、
小郡市文化会館大ホール ほか

ノーマライゼーションコンサートツアーは、福岡県と佐賀県の各所で全9回行いました。コンサートの前には、バンド活動を行う障害者とその支援者によるシンポジウム、自閉症のある子どもを持つ父親による講演会、音楽を通して長年障害者支援に携わってきた方々によるトーク&ライブなどを実施。それぞれの会場では、子ども太鼓やチンドン隊、子ども舞踊、和太鼓、ハープ奏者など舞台芸術活動を行っている団体と「Vivimos」によるコラボ演奏を行いました。

9月開催時ポスター

9月開催時ポスター

3月開催時ポスター

3月開催時ポスター

成果

演奏会場でほかの障害者支援事業所から相談を受けることがありました。主な内容は「障害福祉事業としてのバンド活動の実際」「必要な音響機器や備品について」「音楽活動を収入とするための具体的な方法」などでした。実際に音楽活動を実践している事業所と情報交換や交流を行うこともありました。会場での来場者アンケートでは、「障害がある人もない人も同じ地域で暮らせる方法を考えていきたいと思った」「同じ地域で素敵な活動をされていて励みになった」「一生懸命に歌う姿に感動した」「元気をもらった」といった感想がありました。障害者と支援者という包摂的な構成で、一人ひとりの多様性が発揮され、観ている人たちに平等性や受容、そして舞台芸術活動の素晴らしさを感じてもらうことができたのではないかと思います。

関連する取組を見る

鑑賞発表交流・連携人材育成

ページのトップへ戻るページトップへ戻る