厚生労働省|障害者芸術文化活動普及支援事業

▼本文へ

厚生労働省障害者芸術文化活動普及支援事業

取組事例

“あいち”まちじゅうアール・ブリュット展

2017年度│愛知県

[実施] Aichi Artbrut Network Center (AANC)

[芸術文化分野] 美術

[取組場所] その他

取り組みのねらい

県内の福祉事業所や学校、作家を調査し、多くの作品を発掘することができました。その過程で出会った人たちと実行委員会を立ち上げ、福祉や芸術文化分野だけではなく、観光・製造業との協働から生まれる「新しい普及のカタチ」をテーマに県内4カ所で展示会を開催しました。

実施内容

展示会チラシ

展示会チラシ

日程2017年12月1日(金)~2018年3月8日(木)
会場三河地区を中心に4会場で開催

実行委員会で、コンセプトづくり、展示に向けたワークショップを行いました。会場ごとのコンセプトは次の通りです。①蒲郡の老舗旅館「三谷温泉平野屋」には、郷土に縁のある作家の作品を中心に集めました。地元の風景をもとにした作品や、地元で日々制作されている絵画や陶芸作品を展示しました。②「蒲郡信用金庫本店」では“ごちゃまぜアール・ブリュット”をテーマに、ポップでカラフルで、“なんだこれは?”とつい見入ってしまうような作品を集めました。③「愛知トヨタ蒲郡営業所」では、車への愛情あふれる作品を中心に展示しました。内部まで緻密につくりこんだ車型の陶芸作品もありました。④「シティホテルアンティーズ」では、“これもアートなの?”と、既成概念にとらわれないアール・ブリュット作品の魅力をさまざまな展示方法でお伝えしました。

ワークショップによる展示案

ワークショップによる展示案

展示会の様子

展示会の様子

成果

4会場の来場者はのべ6409人にのぼり、多くの人たちに障害のある人の作品に触れていただくことができました。また観光業界のインバウンド効果もあり、ホテルでの展示は外国人観光客からの評価も高く、その結果、会期を予定より1カ月延長することになりました。東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた外国人宿泊者への誘客手段の一つになるのではないでしょうか。

関連する取組を見る

発表交流・連携調査研究・保存

ページのトップへ戻るページトップへ戻る