厚生労働省|障害者芸術文化活動普及支援事業

▼本文へ

厚生労働省障害者芸術文化活動普及支援事業

お知らせ記事

展覧会・公演など 大分県

フレフレハンカチ おおいた巡回展/オンラインイベント

2021年5月20日

フレフレハンカチ展チラシのサムネイル


おおいた障がい者芸術文化支援センターからのお知らせです。

JAGDAつながりの展覧会Part3 フレフレハンカチ おおいた巡回展

日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)は、2018 年から3 年間、デザインの“つなぐ力” を使って障害のあるアーティストとパラリンピアンを応援しています。Part1 マスキングテープ、Part2 タンブラーに続き、Part3 はハンカチを制作しました。障害のあるアーティストの作品ライブラリー「エイブルアート・カンパニー」登録作品(一部除く)をもとにデザインし、一辺にスティックを挿して応援フラッグとしても使える、まさに「フレフレハンカチ」です。いよいよ東京オリンピック・パラリンピックの2021 年。東京ミッドタウン・デザインハブから大分に巡回し、展示・チャリティ販売し、デザイナーは職能を活かしたボランティアで参加、アーティストへの作品使用料や製造原価を除く販売収益を日本パラリンピアンズ協会に寄付します。ぜひ皆さんのお気に入りを見つけてください。

日 時:2021年6月18日(金)- 6月28日(月)10:00-19:00
会 場:大分県立美術館1 階アトリウム(大分市寿町2-1)
販 売:期間中は会場でも作品(ハンカチ)をご購入いただけます。 ※数に限りあり

主 催:公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)大分地区、
おおいた障がい者芸術文化支援センター
企画・運営:公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)
協 力:エイブルアート・カンパニー


オンラインイベント

福島治 講演会「デザイン×福祉が生み出す新たな可能性」【オンライン】
日 時:2021 年6月19日(土) 10:00-12:30
定 員:先着250名 ※要予約


福島治 ワークショップ「対話型アート鑑賞」【オンライン】
対話型アート鑑賞は、自発的で能動的なアート鑑賞法です。作品を見て気づいたこと、想像したことを自由に楽しく語り合うことにより、「他者理解」「創造的思考力」「チームビルディング」「マインドフルネス」などを高める効果があります。
日 時:2021年6月19日(土) 14:00-16:00
定 員:先着50名 ※要予約



詳細・お申込み方法は下記ページをご覧ください。
https://artbrut-oita.com/event/jagdaoita2021/
ページのトップへ戻るページトップへ戻る