厚生労働省|障害者芸術文化活動普及支援事業

▼本文へ

厚生労働省障害者芸術文化活動普及支援事業

相談事例

支援センターへのよくある相談とその対応

障害者の芸術文化活動に関するよくある相談をまとめています。お問い合わせの前にぜひ一度ご覧いただき、最寄りの支援センターまたはお問い合わせ先(全国連携事務局)までお気軽にご連絡ください。

よくある相談のカテゴリです。以下の相談カテゴリをクリックすると該当の場所にすみやかに移動できます。

支援センターに関する相談鑑賞の機会に関する相談発表の機会に関する相談その他の相談

支援センターに関する相談

相談内容自分の住んでいる県に支援センターがないのですが、どこに相談をすればよいですか?

お住いの地域(ブロック)に広域センターがある場合はそちらにご相談ください。お住いの地域の広域センターは[各地の支援センター]ページよりご確認いただけます。広域センターがない場合には全国連携事務局にご相談ください。全国連携事務局の連絡先は[お問い合わせ]ページでご確認いただけます。なお、全国連携事務局は美術分野を担当する社会福祉法人グロー(滋賀県)と舞台芸術分野を担当する社会福祉法人大阪障害者自立支援協会 (大阪府)があります。お問い合わせの内容によっていずれかにお問い合わせください。

鑑賞の機会に関する相談

相談内容障害のある人に芸術鑑賞してもらいたいけれど、どんな工夫や配慮をすればいいの?

美術館や劇場のアクセシビリティに関する情報提供をします。お近くの支援センターまでお問合せください。

発表の機会に関する相談

相談内容作品を発表したいけれど、どうすればいいのかわからない…

公募展への応募を希望しているのか、自分で個展を開催したいのかなど、発表のあり方について詳しく聞き取った上で、あなたの居住地に応じた公募展情報や展示会場をご案内します。

その他の相談

相談内容障害者の芸術文化活動に関心があるけれど、どうすれば関われるのだろう?

障害のある人もない人も一緒に芸術文化活動に取り組んだり、障害のある人の活動を支援する人材を育成したりなど、支援センターごとにさまざまな取り組みをしています。ウェブサイトなどの情報を参考に、ぜひお気軽にご参加ください。

ページのトップへ戻るページトップへ戻る