厚生労働省|障害者芸術文化活動普及支援事業

▼本文へ

厚生労働省障害者芸術文化活動普及支援事業

事業内容について

障害のある人にとって身近な芸術文化をめざして

障害者芸術文化活動普及支援事業は、2014(平成26)年度から3年間を通じて全国12カ所で行った「障害者の芸術活動支援モデル事業」の成果やノウハウをもとに2017(平成29)年度から実施しています。

障害のある人が芸術文化を享受し、多様な芸術文化活動を行うことができるように、地域における支援体制を全国に展開し、障害のある人の芸術文化活動の振興を図るとともに、自立と社会参加を促進することをねらいとした事業です。

活動地域に応じて、都道府県「障害者芸術文化活動支援センター (支援センター)」、ブロック「障害者芸術文化活動広域支援センター(広域センター)」、全国「連携事務局」といった支援拠点を設置しています。

全国に障害者の芸術文化活動支援の仕組みを整えると同時に支援センター、広域センター、連携事務局のネットワークを構築し、県境を越えて広域でも連携しつつ、地域での振興を図りながら全国規模で推進しています。

障害者芸術文化活動支援センター
設立・運営マニュアル
PDFを開く

2014(平成26)年度から3年間実施された「障害者の芸術活動支援モデル事業」の成果をもとにまとめられた本冊子は、支援センターを設置・運営する方のみならず、障害者の芸術文化活動の中間支援を行うみなさんの一助となるマニュアルです。

都道府県における活動支援

芸術文化活動を行う障害者本人やその家族、障害福祉サービス事業所、文化施設、支援団体等(以下「事業所等」)を支援する拠点「障害者芸術文化活動支援センター」(以下「支援センター」)を都道府県が設置します。事業の実施は、都道府県または都道府県が認めた団体が行い、主に以下の事業に取り組みます。

  • ア. 都道府県内における事業所等に対する相談支援
  • イ. 芸術文化活動を支援する人材の育成等
  • ウ. 関係者のネットワークづくり
  • エ. 発表の機会の確保
  • オ. 情報収集・発信

ブロックレベルにおける活動支援

全国を7つのブロックに分け、ブロックごとに「障害者芸術文化活動広域支援センター」(以下、「広域センター」という)を設置します。広域センターは、ブロック内の支援センターのサポートや支援センターの設置されていない都道府県の事業所等の支援など、以下の事業に取り組みます。

  • ア. 都道府県の支援センターに対する支援
  • イ. 支援センター未設置の都道府県の事業所等に対する支援
  • ウ. 芸術文化活動に関するブロック研修開催
  • エ. ブロック内の連携の推進
  • オ. 発表の機会の確保
  • カ. 自治体における基本計画策定の推進

全国的な活動支援

全国レベルにおける活動支援を行う実施団体を連携事務局と位置づけ、全国の支援センターおよび広域センターを横断的に支援する次の事業に取り組みます。

  • ア. 広域センター等に対する支援
  • イ. 全国連絡会議の実施
  • ウ. 全国の情報収集・発信
  • エ. 全国のネットワーク体制の構築、成果報告とりまとめ、公表等
  • オ. 障害者団体、芸術団体等との連携

厚生労働省では本事業以外にも「障害者の芸術文化活動」に関するさまざまな取り組みを行っています。詳しくは以下をご参照ください。

ページのトップへ戻るページトップへ戻る