【2月7日(土)】実践発表会を開催します

実践発表会ビジュアル

全国の実施5団体で始まったこのモデル事業。約半年の実施期間を経て、5団体が一堂に会し各地での取り組みを滋賀で発表します。各地での先進的な実践に学び、「障害のある人の芸術活動に必要な支援とは?」というテーマで考えます。

障害者の芸術活動支援モデル事業 実践報告

「障害のある人の芸術活動に必要な支援とは?」

日時
2月7日(土)14:00~16:30
入場料
無料
参加申込
不要

いよいよ「障害者の芸術活動支援モデル事業」が始まりました。

この事業では、障害者の芸術活動に関する様々な相談を受ける障害者芸術活動支援センターの設置をはじめ、著作権保護や芸術活動支援に関する研修、作品の調査・発掘、評価・発信にかかる取り組み、また自治体や各種関係機関とのネットワークづくりなど、多様な実践が全国5カ所で取り組まれています。

障害者の芸術活動に必要な支援とは何なのか?厚生労働省の川又企画課長を迎えして、モデル事業に取り組む5つの実施団体とともに考えます。


14:00〜
「障害者の芸術活動支援モデル事業」について
  • 川又竹男(厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課長)

14:45〜
「障害のある人の芸術活動に必要な支援とは?」
  • 特定非営利活動法人 エイブル・アート・ジャパン(宮城県)
  • 社会福祉法人 愛成会(東京都)
  • 社会福祉法人 グロー(GLOW) ~生きることが光になる~(滋賀県)
  • 一般財団法人 たんぽぽの家(奈良県)
  • 特定非営利活動法人 コミュニティリーダー ひゅーるぽん(広島県)

主催:社会福祉法人グロー(GLOW)~生きることが光になる~
助成:障害者の芸術活動支援モデル事業(厚生労働省補助事業)


詳細はこちら(PDF:2.3MB)をご覧ください。