事業内容

障害者芸術文化活動普及支援事業は、障害のある作者やその家族、障害のある人たちの造形活動を支援する人たちを支える様々なプログラムを実施し、そのノウハウを積み上げて、全国に普及していくことを目的としています。

平成29年度実施都道府県

平成29年度実施都道府県
  • [北海道・北東北]北海道・青森県・秋田県
  • [南東北・北関東]宮城県・栃木県
  • [南関東・甲信]埼玉県・東京都・神奈川県・山梨県
  • [東海・北陸]新潟県・愛知県
  • [近畿]滋賀県・大阪府・奈良県・和歌山県
  • [中国・四国]広島県
  • [九州]福岡県・佐賀県・長崎県・
    熊本県・大分県・鹿児島県
  • 美術のみ美術のみ
  • 舞台芸術のみ舞台芸術のみ
  • 美術・舞台芸術美術・舞台芸術

本事業は平成26〜28年度に実施した障害者の芸術活動支援モデル事業で培った支援ノウハウを全国展開することにより、障害者の芸術文化活動の更なる振興を図ります。平成29年度以降は、美術活動(絵画や陶芸等の創作活動)のみならず、演劇や音楽等の舞台作品に対する支援体制の充実を図ります。
舞台芸術分野に関する情報は、舞台芸術分野を担当する全国連携事務局のウェブサイト(近日公開予定)をご覧ください。

都道府県レベルにおける活動支援

芸術文化活動を行う障害福祉サービス事業所や支援団体等(以下、「事業所等」)を支援する拠点「障害者芸術文化活動支援センター」(以下、「支援センター」という)を設置し、次の事業を行います。

  • ア. 都道府県内における事業所等に対する相談支援
  • イ. 芸術文化活動を支援する人材の育成等
  • ウ. 関係者のネットワークづくり
  • エ. 参加型展示会等の開催
  • オ. 協力委員会の設置
  • カ. 調査・発掘、評価・発信
  • キ. 情報収集・発信

厚生労働省の「障害者の芸術文化活動」に関する取り組みについては以下をご参照ください。(本モデル事業についても3に記載されています)

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/sanka/bunka.html

ブロックレベルにおける広域支援

各支援センターをブロック単位で支援する拠点「障害者芸術文化活動広域支援センター」(以下、「広域センター」)を設置し、各支援対象エリアに関する次の事業を行います。

  • ア. 実施都道府県の支援センターに対する相談支援、情報提供等
  • イ. 未実施都道府県の障害者やその家族、事業所等に対する相談支援
  • ウ. 芸術文化活動を支援する事業所等の育成、
    人材育成等のためのブロック研修の開催
  • エ. 展示会等の開催
  • オ. 情報収集・発信、ネットワーク体制の構築

ブロックの支援対象エリアは、以下のとおり。ただし、平成29年度は[北海道・北東北][南関東・甲信][東海・北陸]の3ブロックにのみ広域センターを設置する。

  • [北海道・北東北]北海道、青森県、岩手県、秋田県
  • [南東北・北関東]宮城県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県
  • [南関東・甲信]埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県
  • [東海・北陸]新潟県、富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県
  • [近畿]滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
  • [中国・四国]鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県
  • [九州]福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県