平成26〜28年度に実施した「障害者の芸術活動支援モデル事業」が終了し、 3年間で培ったノウハウを全国に展開すべく平成29年度より「障害者芸術文化活動普及支援事業」が新たにスタートしています。
平成29年度、22の都道府県に設置される障害者芸術文化活動支援センター(または障害者芸術文化活動広域支援センター)では 以下の取り組みを行なっています。

《支援センターの事業メニュー》

  • 相談支援
  • 人材育成
  • ネットワーク
  • 参加型展示会等
  • 協力委員会
  • 調査・発掘、評価・発信
  • 情報収集・発信

また平成29年度より、これまで取り組んできた絵画や陶芸などの美術活動に加えて 新たに演劇や音楽などの舞台芸術分野も支援の対象となりました。 舞台芸術分野に関する情報は、舞台芸術分野を担当する全国連携事務局のウェブサイト(近日公開予定)をご覧ください。

《お知らせ一覧》

>>さらに読み込む